求人広告に効果を出すには写真が必須

求人広告には写真必須

求人サイトで、写真の登録があるかと思います。写真がないから、アップロードが面倒だからと写真の登録をしてないと、求職者からの問い合わせは減ります。

逆によく応募のある求人広告には必ず写真が掲載されています。

求職者は掲載されている写真で色々な事をイメージする

求人広告で掲載する写真には、「働いている人の写真」「オフィス写真」「スタッフの集合写真」など色々あるかと思います。求職者は、このような写真をみて「もし自分がここで働いたら・・」というイメージをします。

それがマイナスイメージだと、応募は少なくなります。

どのような写真を掲載すると反応があるのか

  • 自然な笑顔で働いている写真
  • スタッフの笑顔の写真

この2つの写真が応募が多い傾向にあります。バナー広告風な画像もそれなりに反応はあるのですが、上記2つの写真には勝てません。求職者は「良い環境で楽しく働くことができるのか」というのを写真からイメージするためです。

たまにオフィスの全体写真でスタッフは真面目な顔でPCに向かっているという写真も見かけますが、そういう写真はあまり応募はこない傾向にあります。

また、モデルなどを使った写真なども効果は薄いです。求職者から見ると嘘っぽいからです。

自然な笑顔で仕事場の日常を撮影している写真が一番効果がある傾向にあります。

日頃から職場の写真を沢山撮影する

一発で上記のような写真がとれるとは限りません。「今から求人広告に使う写真撮影をします!」と構えて撮影するのではなく、日頃から楽しい雰囲気の時にマメに写真撮影をして行くと、求人広告にも効果が出る写真が取れるかと思います。

掲載から採用まで全て無料の求人情報サイトです。御社の人材募集に是非ご活用ください。 無料求人JobOffer