求人の条件を差別化する

昔と違い労働者不足です。10年ほど前ならとりあえず求人誌に情報の載せておけば反応がありましたが、今は違います。求職者からの問合せが来る求人情報の内容は他社求人と差別化しています。

求職者の見るポイントで差別化する

求職者は給与が高い方がいいに決まっています。しかし、それ以外の要素も加味し問い合わせを出しています。昔のように多少きつくても稼げる仕事をしたいという人ばかりではなくなりました。

  • 時給(給与)
  • 仕事内容
  • 勤務時間
  • 勤務地
  • 通勤方法

上記の条件を見比べて求職者本人の生活スタイルや正確にあった求人情報を探しています。もちろん給料は高いほうが良いのですが、極端な話「多少給料が安くても、休みが取りやすいから選ぶ」「給料が高くても残業が多いからやめておく」などということもありえます。

給料を他より高くする!というのは限界があります。極端に同業・同地域の求人よりも給料が低くなければ、自社だけの魅力や、他の条件部分を工夫して他社との差別化をはかることにより、求職者からの反応のある求人広告となります。

まとめ

  • 求職者が判断する項目を他社広告とは差別化する
  • 必ずしも給料が高い求人が選ばれる訳ではない
掲載から採用まで全て無料の求人情報サイトです。御社の人材募集に是非ご活用ください。 無料求人JobOffer