正社員・アルバイトの求人広告の出し方の違い

よく見かけるアルバイトの求人広告で「正社員採用可」と書かれている広告があります。しかし、アルバイトと正社員では応募する際に重視する内容が異なります。

正社員の場合

正社員の場合は、仕事内容・年収・時間・休日・福利厚生の順になると思います。長く働けるかどうかを重視するかと思います。正社員の求人募集の際は上記がはっきり分かるように記述スすると応募があります。

アルバイトの場合

アルバイトの場合は、正社員ほど長く働かないことを前提に仕事を探しています。勤務時間・勤務地・時給・出金頻度・土日の勤務の順になります。アルバイト以外の私生活や学校を重視する傾向にあります。もちろん可能な限り沢山働きたい求職者もいるかと思いますので一概には言えないと思います。しかし、アルバイトの募集の場合は上記を詳しく記述することで比較的応募がある傾向にあります。

まとめ

正社員・アルバイトそれぞれの求職者が重視しそうな内容を詳細かつ明確に記述している求人情報が応募が多い傾向にあります。

掲載から採用まで全て無料の求人情報サイトです。御社の人材募集に是非ご活用ください。 無料求人JobOffer