効果のでるPR文(キャッチコピー)の作り方

JobOfferでも求人情報のリスト表示にPR文を表示しています。募集内容も大事ですが、PR文も大事です。募集内容やPR文が魅力的でないと詳細を見てもらえないからです。

PR文は募集内容よりも比較的沢山の情報量を入力することができます。しかし、リストに表示れる文字数は限られています。リストではどこまで表示されて、詳細ページではどのように読んでもらうのかを考える必要があります。

自社が求職者へ提供できる内容を書く

求職者は、仕事を探す上でまず自分の脳力を活かすことができる会社を探します。仕事内容以外にも休日、給与、福利厚生、職場住所など色々な要素があります。

求職者向けにPRする箇所なのですが、営業先やクライアントへPRする内容を記述しているケースを見かけます。自社で働くことによって求職者はどのようなメリットがあるのかを考えることが重要です。

求職者が求めている情報を簡潔に書く

求職者は数多くの求人情報の中から取捨選択し応募します。沢山のことをダラダラと書くよりも、求職者が知りたいだろう内容・メリットを簡潔に書くことが大事です。

  • 仕事内容
  • 給与
  • 残業の有無
  • 休日
  • 職場住所
  • 駐車場の有無

など、いろいろな条件があると思います。

言葉遊びや奇をてらったPR文はダメ!

奇をてらった内容や言葉遊びをしているPR文をたまに見かけます。面白いとは思うのですが、今から働きたい人にとっては不安要素になります。会社の雰囲気、社長や採用担当者の性格を知っている人間なら面白いと思うかもしれませんが、求職者は赤の他人です。面白いと感じる前に不信感を持つことが多いです。

長文NG

最近はスマートフォンで仕事探しをする求職者が増えました。JobOfferでは8割以上がスマートフォンでのアクセスです。

PCの場合はマウスでスクロールしながら仕事を探していくのですが、スマートフォンの場合は画面をスワイプし情報を探していきます。PCよりも遥かに早いスピードで飛ばされていきます。

その中で目に留まるPR文や募集内容を作り込んでいくことが大事です。ダラダラと長文を書いてしまうとまず読んでもらえません。長文になるくらいなら箇条書きにした方がまだ良いかと思います。

まとめ

効果の出る求人広告を作り込んでいくのは一朝一夕では厳しいです。

  • どのような求職者へ見てもらいたいか
  • 働く上でのメリットを簡潔にまとめているか

上記のようなことを考えながら、求人広告の内容を見直ししてみてはいかがでしょうか。

掲載から採用まで全て無料の求人情報サイトです。御社の人材募集に是非ご活用ください。 無料求人JobOffer