タイトルを工夫すると求人応募が増える

リスト表示される情報を工夫する

全ての求人情報は、検索結果がリスト化され詳細ページをクリックする流れになっていると思います。

求職者はリストの中から興味を持った求人情報をクリックするわけです。JobOfferの場合でしたら検索結果リストに表示される情報は主に以下になります。

  • 募集内容
  • アピール文
  • 写真
  • 更新日
  • 勤務地市町村名
  • 業種
  • 雇用形態(正社員・アルバイトなど)
  • 給与

上記の中でも「募集内容・アピール文・写真」が重要になります。

募集内容の表現を工夫する

募集内容はリストの中でも一番目につく内容でサイト内のどこでも使われ表示される内容になります。こちらがそっけなかったり無駄に長いと求職者は求人の詳細情報まで開かないので問合せがありません。

具体的にわかりやすく記入することが大事です。

アピール文の記入の仕方を工夫する

アピール文は、募集内容などでは入りきならい内容を記入する項目です。しかし、記入した内容が全て検索結果に表示されるわけではありません。リストという都合上ある程度の文字数でカットされます。

リストで表示される文字数を確認しながら、求職者へアピールすべき内容は最初の方に記入すると良いでしょう。

写真だけで雰囲気が伝わるようにする

写真はかなり重要です。一瞬見るだけで会社の雰囲気や仕事内容が伝わる写真を掲載している求人広告は問合せが多いです。

写真がない求人情報は、検索結果のリストでもNoImageなどの画像のみ表示され求職者の目にもとまりません。

更新日も大事

更新日は自分では書き換えることができないですが、求人広告の内容を更新することによって最新の日付になります。

求職者は古い求人情報には問い合わせを出しません。「もう募集終わっているのに消し忘れかな」と考えるからです。

具体的には、最後の更新から一ヶ月すぎると求人情報の詳細をクリックされる確立はガクンと落ちます。

その他、検索結果の下位に表示されることも原因のひとつかと思います。

特に求人情報の内容に変更がないと考えがちですが、常に同業他社の求人広告の内容もチェックしながらマメに自社の求人広告も改善していくことが大事かと思います。

掲載から採用まで全て無料の求人情報サイトです。御社の人材募集に是非ご活用ください。 無料求人JobOffer